伊勢屋について

伊勢屋の歴史/歩み

ISEYA GROUPは質事業からスタートし、現在では販売・買取・質事業を中心に5代に亘って断続している企業です。

「Brand Shop ISEYA」はお客様に安心・納得頂き、満足して頂き続ける事が最大の目的として営業しています。

1919年 (大正8年)

初代 南川吉太郎が紋別郡下湧別にて質屋を開業したことから始まる伊勢屋の前身、南川質店。その先代は現在の三重県伊勢市より北海道へ移住して商売を始めたと伝えられています。1933年(昭和8年)には二代目 南川長次郎が札幌へ移転して営業を続け、後に株式会社として組織化します。

1971年 (昭和46年)

自分達のルーツとして縁のある伊勢を屋号に取り入れ「伊勢屋」の名前で三代目 南川譲が小売事業を開始。『ススキノのアメ横』を愛称に、日用品から高級品まで百貨小売店としてバラエティにとんだ商品を低価格で提供していました。

2000年 (平成12年)

四代目 南川透は小売事業を一層強化、すすきのに本社ビルを新設。海外高級ブランドを中心とした品揃えのブティックへと大きく革新しました。通信販売も開始しました。

日本三大歓楽街の一つ、そしてアジア最北の歓楽街と呼ばれる「すすきの」で60余年に亘り商売を継続できた理由は〝お客様の為〟をモットーに地域一番店を目指して来たからだと信じております。

2018年 (平成30年)

五代目 南川信に代替わりをして、より良い商品を揃えるべく商品管理部門が設立。
通信販売事業を一層強化し、どこからでも商品を購入できる環境へ時代とともに変化。
今後も変わらぬ姿勢で、信頼と実績を新しい時代へと紡いでいきます。

社章の由来

 丸に三石

こちらは代々の南川家の家紋でございます。
長年に亘りこの土地で商売を続けてこられたこと、それは受け継いできた精神があってこそだと自負しております。
積み重ねた伝統と訓えを守り続ける意味で、そして先人たちの思いや功績に恥じぬよう更なる発展を目指し、代々の家紋を伊勢屋の社章としております。

伊勢屋の訓え

正々堂々 大道闊歩 一誠貫行

正々堂々 大道闊歩 一誠貫行

“正しいことが一番強い”

人の行うべき正しい道を選び、真面目に取り組むことが、一番大切で強くあれると代々伝えられています。
嘘や誤魔化しのない姿勢は、自分自身にも人様にも、後ろめたさや恥とは感じることなく正々堂々と人生を歩めます。

人として良心に恥じない誠意のある営業、真心のある対応、売買において適正な価格を目指すこと、
以上を貫き通してやることこそが、お客様の大いなる便宜となることを念願致します。

社章の由来

1. 店舗営業

私達は良質な商品を適正な価格で販売し、お客様のご満足を得る事を念願し、実践します。

2. 学び合い

私達は良質な商品を適正な価格で販売し、お客様のご満足を得る事を念願し、実践します。

3.人間形成

私達は、感謝の気持ちと礼節を重んじ、思いやりと寛容の心をもって、人と接します。

4.家庭の幸せ

私達は、家庭を裕福に、家族を幸せにするため、懸命になって仕事を行います。

5.自己実現

私達は、自分の人生目標を設計し、その目標実現のため、一日一日を有意義に過ごします。